マイアミ浜オートキャンプ場のヴィラマイアミをブログでレビュー!琵琶湖畔のキャビンで景色も抜群、快適すぎた♪

マイアミ浜オートキャンプ場のヴィラマイアミが快適♪琵琶湖畔のキャビンで景色も抜群!野洲市お出かけ

 マイアミ浜オートキャンプ場のキャビン、「ヴィラマイアミ」に一泊し、冬キャンしてきましたー。
サイトも広く、キャビンも綺麗に管理されていて、眼前に琵琶湖が広がり、景色もキレイ!

 とっても素敵なところでしたので、当ブログでたっぷりレビューしてみたいと思います!

pick up 「マイアミ浜オートキャンプ場」関連の記事をまとめています。こちら↓から読みたい情報を探せます♪

Sponsored Link

マイアミ浜オートキャンプ場 基本情報

■マイアミ浜オートキャンプ場
■公式サイト:http://maiami.info/
■所在地:滋賀県野洲市吉川3326−1
■営業時間:9時~17時
■定休日:
■Tel:077-589-5725
■予約サイト:http://maiami.info/publics/index/5/(公式ホームページ)
■クレジットカード・電子マネー:不可

周辺の情報や概要についてはこちらも分かりやすいです↓

マイアミ浜オートキャンプ場(楽天たびノート)

当サイトでも、周辺の温泉や買い出し情報を詳しくまとめています↓

マイアミ浜オートキャンプ場とは?

マイアミ浜オートキャンプ場とは?

 滋賀県野洲市にあり、琵琶湖岸沿いに位置するオートキャンプ場です。

電源やシャワー、キャビンなどがある高規格キャンプ場で(サイトの種類によって設備が変わります)、初心者にもベテランキャンパーにも人気のオートキャンプ場です。

(オートキャンプ場とは、車でキャンプ場の敷地内に入れ、区画サイトに横付けできるタイプのキャンプ場です。荷物の出し入れがとてもラクです。)

今回、初のキャンプ!でヴィラマイアミに一泊してきたので、レビューします♪

(前回、こんぜの里バンガロー村へ宿泊してるのですが、あちらはコテージ泊のみ、テントを張ることができないので、キャンプ場でテント泊したのは今回が初めてになります。)

キャビンやコテージは、まだキャンプ慣れしていない人や家族連れでも安心して泊まれますので、初心者目線で気を付けておきたいことなどもお伝えしていきます(^_^)

Sponsored Link

マイアミ浜オートキャンプ場のヴィラマイアミとは?

マイアミ浜オートキャンプ場のヴィラマイアミとは?

 マイアミ浜オートキャンプ場はいくつかの種類のサイトに別れています。

大きく分けて

・テントサイト (A、B、Cサイト)
・キャビンサイト (カリフォルニアキャビン、マイアミキャビン、ビッグマイアミ、ヴィラマイアミ)

があります。

今回、我が家がお世話になったのは、キャビンサイトのうちの「ヴィラマイアミ」です。

ヴィラマイアミの紹介

マイアミ浜に一棟しかないんですが、湖岸沿いにあり、琵琶湖が目の前という絶好のロケーションのキャビンなんですね。

ヴィラマイアミの区画は?どこにある?

マイアミ浜オートキャンプ場のヴィラマイアミの区画は?

 区画内では、一番北西にあります。

キャンプ場の入り口から入って右に回り、道なりに進むと見えてきます。

まず管理棟で受付を済ませてから、キャンプ場内へ入場します。

マイアミ浜オートキャンプ場の入り口

入ってすぐ左折し、突き当たりを右に曲がり、まっすぐ進んでいきます・・

道は進みやすいですが、一方通行になっているようなので、進み方は気をつけてください。

マイアミオートキャンプ場Aサイトの道

マイアミ浜オートキャンプ場のヴィラマイアミにいつ泊まった?気温は?

季節は冬で、2022年1月に泊まりました。
その日の最低気温は-2度。最高気温は4度くらいです。

 テント泊だと、いろいろと冬装備が必要そうですもんね・・・

何が必要かまだよく分からないこともあって、キャビン泊にしました。エアコン完備のキャビンだと安心なので!

ヴィラマイアミの予約状況について

 ヴィラマイアミはマイアミ浜オートキャンプ場で「1棟」しかないため、土日・祝日周辺の日はなかなかとれないことが多いです。

  ヴィラマイアミに泊まりたい場合は、早めにチェック&予約をしておくことをおすすめします。

 我が家は元々別のサイトに泊まる予定だったのですが、直前にヴィラマイアミにキャンセルが出たため、そちらへ変更させて頂きました。ラッキーでした♪

Sponsored Link

マイアミ浜オートキャンプ場のヴィラマイアミに泊まってみた!

マイアミ浜オートキャンプ場のヴィラマイアミに泊まってみた!

 こんな感じで、見た目も可愛いです(^_^)
あと、スペースがすんごく広い!

マイアミ浜オートキャンプ場のヴィラマイアミは車やテントを張っても広い


↑我が家の車を停めてもじゅうぶんスペースがあります。

「テントを張れるスペースあるかな~」って心配していたんですが、全く問題ナシです。
テント×タープの組み合わせもいけそうです(^_^)

ヴィラマイアミの景色。琵琶湖が目の前で綺麗!周りとも間隔が広い

ヴィラマイアミの景色。琵琶湖が目の前で綺麗!周りとも間隔が広い

ヴィラマイアミは真ん前が琵琶湖なんですね。
これはいい!
景色がとっっっても綺麗です!

ヴィラマイアミの景色。すぐ目の前が琵琶湖

↑こちらは、ヴィラマイアミの庭から琵琶湖を見たところです。一面琵琶湖だああ~~~~~!

そして、サイトの左右とのスペースにも余裕があるのでプライベート空間が比較的保たれていると思います。

右隣はキャンピングカーサイトですが、我が家が泊まったときは空いていました。

マイアミ浜オートキャンプ場のキャンピングカー専用サイト

左隣は、マイアミキャビンです。

マイアミ浜オートキャンプ場のマイアミキャビン(Aサイト)


ヴィラマイアミは区画の左側に車を停めるようになっています。そして、その左に生垣があり、お隣のマイアミキャビンがあります。


マイアミキャビンでは区画の右側に車を停める・・という構造になっています。

お互いのスペースがうまく離れるようになっているので、お隣さんの姿や声が気になる・・といったことはありませんでした(^_^)

 プライベート感があって、これは嬉しい!

Sponsored Link

ヴィラマイアミに泊まると琵琶湖を独り占め!(した雰囲気になってくる笑)

ヴィラマイアミに泊まると琵琶湖を独り占め!(した雰囲気になってくる笑)

↑こんな風に、ヴィラマイアミのサイト内から、琵琶湖沿いの散歩道に出られるようになってるので、夜や朝でもふらっとお散歩ができます。

この散歩道自体は、キャンプ場に泊まっている人、誰でも歩くことができるのですが、こんな風にすぐ出られるようになってるのは、Aサイトではヴィラマイアミだけです。(B、Cサイトはどうなってるか分からないんですが・・)

ヴィラマイアミのサイトから琵琶湖沿いの散歩道に続く階段

扉を開けて外へ出て・・・・

マイアミ浜オートキャンプ場 琵琶湖沿いの散歩道1

琵琶湖畔をお散歩することができます。

マイアミ浜オートキャンプ場 琵琶湖沿いの散歩道2

こんな感じで道が続きます。景色がキレイですし、冬は静かなので癒し効果あります♪

ヴィラマイアミに泊まってみて車の通行音がうるさくない?

マイアミ浜オートキャンプ場の口コミで

「キャンプ場と湖岸道路の距離が近いから、道路の車の通行音が気になる。夜もうるさい」

といった声があるそうなんですが、

 ヴィラマイアミは湖岸道路から離れた場所にあるので、外に出ていても車の通行音は全く気にならなかったです(^_^)

 サイト内も全体的にとても静かでした!


周りを見ていると、ソロキャンパーや慣れているっぽい方が多い感じで、
冬キャンは慣れているリビーターさんが多いのかな?という印象でした。

皆さんとてもマナー良かったです♪

Sponsored Link

マイアミオート浜キャンプ場 ヴィラマイアミの室内は?

マイアミオート浜キャンプ場 ヴィラマイアミの室内は?

こんな感じで、2段ベッドと・・・

ヴィラマイアミ リビングスペース

リビングスペースといった感じです。

ベッドの横幅が広くて、大人2人でもじゅうぶん寝られます。

子供たちは初の2段ベッドなんで大喜び!(^_^)

マットもほどよい厚みがあり、毛布が敷いているので寝やすいと思います。

ヴィラマイアミの室内のマット

備え付けの寝具がマット・敷き毛布・寝袋(3シーズン用)のみですので、冬だと肌寒いと思います。(暖房はガンガン付けられるんですが)

マットや敷き毛布があるので、「敷き布団になるアイテム・シュラフ」は要らないと思います。

その上に「3シーズン用の寝袋」を使って寝る形になるので、冬以外はいいのですが、冬だとエアコンをつけていても肌寒く感じるかもしれません。

ヴィラマイアミ 布団をがっつり敷いてます笑

↑こんな感じで・・がっつり寝具を持っていきました笑。

正直、敷き布団は要らなかったと思いますし、寝具もアウトドア用の軽量のもので良かったかなと・・(^^;)

掛け布団になりそうなもの&枕の追加くらいでいいと思います・・・

ヴィラマイアミ 窓からの景色

窓からも琵琶湖が見えます。

夜になって、キャビンから琵琶湖を眺めるのもなんともキレイでしたよーー。

Sponsored Link

ヴィラマイアミにエアコンはある?

ヴィラマイアミにエアコンはある?

室内はエアコンが付いていて、温風もしっかり出ていました。

外が1~2度のときも、室内はとっても暖かかったので、快適に過ごせましたよ。 

エアコンの効きが悪いとかは全くなかったです。暖かくてとっても快適!

ヴィラマイアミ 温度調節も細かくできます

0.5度単位で温度調節ができるので、かなり快適です。

ただ、加湿機能はないエアコンなので、どうしても中は乾燥しがち・・・。

乾燥が気になる方は加湿器を持っていくといいかもしれません。


我が家は「もしエアコンの効きが悪かったら困る・・」と思っていて、
念のために「加湿機能付きセラミックファンヒーター」を持っていきました。こんなの↓


これは「電気で動くファンヒーター」なので、一酸化炭素中毒になる心配がありません。


熱すぎない温風になってくれるので、小さい子がいる我が家では安心して使えます。
もちろん家でも使えるし、電源があるアウトドアでも使えるしで便利です。

これ、キャビン内では全く必要なかったです笑。
外のテント用に使いました。

キャビンの外にテントを張ってみました。

ヴィラマイアミの庭スペースにツーリングドームLXを張ってみた

キャビン内のベッドは5人就寝可能な大きさだったんですけど、テント泊を試したかったので、

外に「ツーリングドームLX」を張ってみたんですね。


このツーリングドームLXは2~3人用ですが、ソロでゆったり使ってもいいし、
大人2人でも十分な広さがあるし、大人1人×子供2人でも寝られるし・・・

コンパクトながら使い勝手がいいサイズです。

高さがないので、大人1人でも張りやすく短時間(15分くらい)で作業できます。
女性の私ひとりでも余裕で張れます(^_^)

夫婦だけ・・とか、パパとお子さん・・とか、夫婦プラス小さいお子さん1人・・くらいまで対応できる感じのサイズ感です。

テントを張っても余裕でスペースがありますね♪

ツーリングドームLXを張ってもまだこんなにスペースが余ってます・・・・

タフワイドドームVも持ってるんですけど、そちらを張っても余裕がありそうです。
次はこちらを持っていこうかなあ~・・・

このツーリングドームLXに、先ほどのシャープのセラミックファンヒーターを入れてみたんですが、ぽかぽかになったので途中で切ってしまいました笑。

じゅうぶん温まるので良かったですよー。

参考になればです。

Sponsored Link

ヴィラマイアミ 夜はどんな感じ?

マイアミ浜オートキャンプ場 ヴィラマイアミの夜の様子

キャビンのテラスのところに灯りがあるので、割と明るいです。

ヴィラマイアミでは、ランタンが2種類あります。若干光量が少ないかな~と思うのですが、ランタンも持っていかなくても大丈夫かなと思います。

晩ご飯を食べた後は焚き火をしました。

マイアミ浜オートキャンプ場のヴィラマイアミで焚き火をしました1

焚き火台の定番ですが、スノピはやっぱり良いなあ・・
シンプルデザインで丈夫なのが一番。使いやすいです。

主人談ですが、空気がうまく循環してくれているようで、薪が燃えやすく火が安定している・・らしいです。

マイアミ浜オートキャンプ場のヴィラマイアミで焚き火をしました2

ただ・・・焚き火をしていても真冬なのでめっっちゃ寒い笑。
子供たちは早々にキャビン内にひっこんでしまい、Fireタブレットで映画を観ていました・・(^^;)

次の冬キャンは、防寒性を高めるためにこれ↓を使ってみようかな・・と思います。


↑焚き火台の周りを囲って、輻射熱で暖かくするものです。

冬キャンに慣れていないファミリーキャンパーは、やっぱりキャビンは便利ですね。

我が家は、アウトドア用防寒アイテムがまだ揃っていない状態だったんですが、寒くなれば、キャビン内に入れば全く問題ないです。

テント泊だと、電気毛布やヒーターが複数台必要になってきそうですもんね・・・

我が家も初心者でしたので、取りあえず最初はキャビンやコテージ泊で試してみて、どういうものが要りそうか探りながらギアを購入していくとムダがなくて良かったです。

マイアミ浜オートキャンプ場のヴィラマイアミが快適すぎた♪他のキャビンも合わせて紹介!さいごに

マイアミ浜オートキャンプ場の「ヴィラマイアミ」、景色も良く、かといって都市部からも離れていないので利便性も良く・・で、初心者キャンパーが冬キャンデビューするときに、トライしやすいキャンプ場だと思います。

散策したり、子供の遊び場もあったので、子供も楽しめるところだと思います♪

宿泊者のマナーも良く、静かに過ごすことができて満足です(^_^)

pick up 「マイアミ浜オートキャンプ場」関連の記事をまとめています。こちら↓から読みたい情報を探せます♪

マイアミ浜オートキャンプ場 基本情報

■マイアミ浜オートキャンプ場
■公式サイト:http://maiami.info/
■所在地:滋賀県野洲市吉川3326−1
■営業時間:9時~17時
■定休日:
■Tel:077-589-5725
■予約サイト:http://maiami.info/publics/index/5/(公式HPより)
■クレジットカード・電子マネー:不可

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました