ラコリーナ滋賀の攻略法をブログで伝授。周り方やおすすめメニューまとめなど(記事のまとめ)

ラコリーナ滋賀の攻略法をブログで伝授。周り方やおすすめメニューまとめなど(記事のまとめ)近江八幡市グルメ

 滋賀県の老舗お菓子屋「たねや」のフラッグシップ店、ラコリーナ近江八幡の効率良い周り方解説とおすすめメニューの記事をまとめました。

 ラコリーナは「お菓子屋さん」なのに(?)なんと滋賀観光人気No1
とっても人気の観光施設なんですね。

 休日は人でごった返すので、効率良い周り方やお菓子の買い方選び方、
 メニューをまとめた記事を参照できるようにしてみました。

事前に混み具合やスイーツなどの商品の種類を把握しておけば、混んでいても欲しいものが買いやすくなると思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね (*^_^*)

関連記事 ラコリーナは琵琶湖からも近いです。近くの琵琶湖周辺観光のおすすめもまとめています。

Sponsored Link

ラコリーナ近江八幡とは?滋賀県にあるたねやのフラッグシップ店!

 ラコリーナ近江八幡とは、滋賀県の老舗菓子屋「たねや」グループのフラッグシップ店です。

 「たねや」グループで扱う商品の多くを(全部ではありませんが)、こちらの「ラコリーナ近江八幡店」で買ったりすることができるほか、ラコリーナ限定商品も買ったり食べたりすることができます。

 

ちなみに「たねやグループ」の人気商品としては、
・バームクーヘン



・ふくみ天平(皮と餡子が別々になっているタイプの最中)



・たねや本生羊羹(夏期のみ)


などがあります。

もちろんこれらは全部ラコリーナで買うこともできますし、
これら定番商品が限定パッケージになっていたり、
季節限定の味(苺味、抹茶味、ゆず味など)のものが販売されていたり、

「バームソフト」など、ラコリーナでしか販売されていない商品を買うことができます

Sponsored Link

 他の「たねやグループ」のお店と違って、いろんなスイーツを買って食べ歩き(実際には歩きませんが(^^;)近くのベンチやフードコートに座って食べる方がほとんどです)ができるのが特長です♪

 そしてラコリーナ近江八幡店に特徴的なのが、お菓子屋さんなのに(?)広大な敷地面積!
敷地面積はなんと甲子園球場約3個分にもなります。 

 

これはお菓子屋さんなのか?とツッコみたくなるくらい広いです笑。

 ラコリーナのコンセプトは「お菓子の素材は自然の恵み」

ラコリーナが位置する近江八幡市北之庄エリアは観光船や手こぎ船による「水郷めぐり」でも有名な水郷地帯で、田園が広がるのどかな場所です。

ラコリーナも地元の野草やどんぐりを植栽し、敷地内に田んぼを作るなど、周囲の自然に溶け込み共生する施設づくりをされていることも特長です。

こんな感じで・・・お菓子屋さんの中に田園風景があるんですよ・・・

建物のデザインは、藤森照信さん。自然素材をふんだんに利用した独創的な建築で有名です。

メインショップの草屋根のデザインも独特です。

カステラショップでは、栗の木がふんだんに使われています↓↓

「まるでジブリの世界みたい!」と県外の方からも好評です♪

上の写真は冬に来訪したため、草屋根がベージュ色ですが、春夏に行くと緑の草屋根になります。

色合いが全く変わって、そちらも綺麗ですよ(*^_^*)

Sponsored Link

ラコリーナ近江八幡の混み具合は?

こんな感じで・・とても独創的な施設で人気も高いので、休日になると混雑しがちです。


にお盆やお正月、GWといった混雑する時期だと、お土産を買ったりカフェに入るために長蛇の列ができます。

事前に混雑の程度を知っておくと観光やお出かけの予定も立てやすいです。

また、入場料や駐車料金が必要かどうか気になる方も多いようです・・・

混み具合や必要な料金など・・・こちらの記事で詳しく説明しています↓↓

ラコリーナ近江八幡のメニューは?カフェやランチ、スイーツなど

画像引用元URL:https://taneya.jp/la_collina/about.html

ラコリーナは施設内にいくつか店舗があり、2022年8月現在では、

・メインショップ
・カステラショップ
・フードガレージ(フードコート、パンショップ、ガレージショップが集まっている)

があります。

ざっくり説明すると、

メインショップ


和菓子「たねや」、洋菓子「クラブハリエ」の商品が買える
バームクーヘンの商品、バームクーヘンを使ったアレンジ商品が買えたり、イートインができる

カステラショップ


カステラの専門店。昔ながらのカステラやここだけのふわふわ新食感のカステラが買えたり、イートインができる。

フードガレージ


フードコートがあり、好きなメニューの商品を買って、持ち寄って食べることができる。
パンショップやマカロンショップがあったり、ここだけの限定パッケージのお商品が買える、

という感じになっています。

ただ、初めて行くときなど、ラコリーナってとても広いので、
どこにどの商品が置いてあるか分かりづらいですよね・・

お土産物は割と一カ所に固まっているのですが、
特に食べ歩きメニューがいろんなところに点在しているので、最初はちょっと分かりにくいかもです。

ですので「どこにどんな人気の商品が置いてあるか」、このサイト内で分かりやすく書いた記事がいくつかあります。読みやすいようまとめてみました。

メニュー探しのときに役立ててみてください。

Sponsored Link

ラコリーナではバームクーヘン何がある?

「たねや」あるいは「クラブハリエ」と言えば、まずは「バームクーヘン」。

たねやグループでトップの人気を誇る「バームクーヘン」メニューがラコリーナにはたくさんあります♪

定番のバームクーヘンだけじゃなくって、

  • 焼きたてのバームクーヘンをすぐにいただける「焼きたてバームクーヘン」
  • バームクーヘンを砕いて生地に入れ込んだサブレ、パイなど
  • バームをアレンジしたソフトやパフェなど

バームクーヘンを堪能できるメニューがたくさんあります♪

どこでどんなバームクーヘンメニューが食べられるか詳しく解説しています。 

バームをアレンジしたパンなど、びっくりするようなメニューもあり、見ているだけでも楽しいですよ(*^_^*)

また、ラコリーナでは、バームクーヘンの商品を作るときに切り落としてしまう、「端っこのみみ」を使った商品も限定販売されています。(常時あるわけではなく、販売時期も不定期です)

意外と隠れファンが多いそうですよ(*^_^*)詳しく知りたい方はこちらもどうぞ↓↓

Sponsored Link

ラコリーナのカステラショップとは?

「たねやグループ」といえばクラブハリエの「バームクーヘン」が有名ですが、

他にも「栗饅頭」や「最中」なども昔からファンが多く、生地の味が重視されるお菓子や、皆にとってなじみ深い身近なお菓子が美味しいことでも有名です。

ラコリーナではたねやグループ初の「カステラショップ」があり、カステラの商品も充実しています。

昔ながらのカステラも美味しいですが、新たに「ふわふわ食感」のカステラも販売され、人気を集めています。

一般的なカステラとは、食感が大きく違って、特に焼きたてのものは小麦やバターの香りも良く美味しいです♪

ラコリーナ限定のカステラや、メニュー、レビューについてはこちらが詳しいです↓↓

ラコリーナ近江八幡のカフェメニューは?限定スイーツは食べられる?

ラコリーナは限定ものの商品も多いです。せっかく来たのだからここでしか食べられないスイーツもぜひ食べてみたいですよね。

 
ラコリーナの食べ歩きメニューは、どれも手を抜いていなくて素材もいいものを使い、美味しいなと思います。

その分どうしても街角にある食べ歩きできるスイーツショップと比べるとお値段は相応になりますが、食べてみると納得・・!となります。

 

 むしろ、味の良さやボリュームを考えるとコスパ良かなと(*^_^*)

メニューにもよりますが、ひとつひとつのスイーツがけっこう食べ応えあります。

個人的な意見ですが、どんどん買って食べ歩きする!・・というよりは、事前に「これが食べたいな~」と目星をつけておいて、お目当てのものを買いに行き、じっくり味わう・・という方が満足度も高いかなと思います。

筆者が食べたなかでも、フードコートのかき氷、ガーリックトースト、パンショップのクーゲルバームなどはけっこうボリュームがあったな~って思います・・(^^;)

事前にどんなメニューがあるか知っておくと選ぶのに便利です。

ラコリーナのカフェや食べ歩きできるスイーツメニューはこちらで詳しく書いています↓↓

Sponsored Link

ラコリーナ近江八幡ってランチはできる?

ラコリーナをゆっくりまわろうとすると結構時間もかかります。
施設内でランチが食べられると、長い時間かけて見てまわったりもできるし助かりますよね。

ラコリーナでは一カ所だけ店内でランチがいただけるところがあります。
それが、「カステラショップ」のカフェコーナーです。

たねやこだわりのカステラに使われる卵を使ったオムライスが食べられます。
食後スイーツにたねやカステラを付けることもできるので、食べ応えもあります(*^_^*)

画像引用元URL:https://taneya.jp/la_collina/castella_cafe_menu.html

カステラショップ以外にもフードコートで軽食も食べられます。
どこにどんなメニューがあるか知っておくと迷うことなく、安心です。


ランチや軽食メニューを詳しく知りたい場合はこちら↓↓

ラコリーナ周辺の情報について

関連記事 ラコリーナは琵琶湖からも近いです。近くの琵琶湖周辺観光のおすすめもよければ参考に。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました