水生植物公園みずの森、ハスや睡蓮が見頃なので行ってみた。イベントや他の開花状況も。

水生植物公園みずの森、ハスや睡蓮が見頃なので行ってみた。イベントや他の開花状況も。草津市

 草津市立水生植物公園は、「水生植物」という名がついている通り、水生植物のコレクションが豊富。特にハスやスイレンの種類が多いです。

 ハスやスイレンの見頃の時期に行ってきました!
色とりどりに花が咲いていて、とても美しかったのでレビューします。

他にも咲き誇る花々がたくさん、どこを見ても綺麗でした♪
ハスや睡蓮以外の見どころや、現在やっているイベントもお伝えします!

 

関連記事 「みずの森」他の見どころ、施設全体のレビューも知りたい方は↓

  「みずの森」がある烏丸半島の観光・遊び場・グルメなどの情報まとめ↓

Sponsored Link

水生植物公園みずの森とは?ハスや睡蓮が見どころ!

「草津市立水生植物公園みずの森」は、滋賀県草津市の烏丸半島(からすまはんとう)にあります。

園のテーマは「植物と人、水と人とのふれあい」で、
水生植物の展示に力を入れています。

特に、スイレンのコレクションは日本最多を誇り、他では見られない水生植物も数多く見られます。

常に熱帯の植物が観覧できるアトリウムがあったり、
水の流れに沿って水生植物が展示されていたりもします。

「みずの森」が力を入れている水生植物を堪能したい場合は、5月~8月頃が見頃です!
スイレン、ハス、花菖蒲などが色とりどりに咲き、水をテーマした植物園ですので、キレイなだけでなく散策していると癒されます・・♪

他にもインスタ映えスポットにもなりそうな可愛らしい&ロマンチックな庭園も多く、年中楽しめます。

ガーデニング好きな方にとっても、植栽が参考になりそうな英国風ガーデンなどもありますよ。

みずの森の全体の見どころ、散策のポイントをざっとつかみたい場合はこちら↓↓

今回は、ハスやスイレンの開花の様子、その魅力について詳しくお伝えしていきますね!


ホントにキレイでしたよ~~!! 同じ時期に咲いているお花も合わせてご覧ください♪

Sponsored Link

水生植物公園みずの森のハスや睡蓮の開花状況を詳しくレポ。

 みずの森へは何度か訪れているのですが・・・
実は初夏の時期に来訪するのは初めてだったんですね(^^;)

平日の午前中なのに、駐車場がけっこう埋まっていてびっくり・・!

そうなんですよ・・・

見頃の時期だけあって、園に隣接している「第1駐車場」はかなり埋まっていました・・!

とはいえ、みずの森は「第1駐車場」のすぐ向かいに「第2駐車場」もあり、そちらは空きに余裕もありました。


車が停められなくて困る・・というほどでもなかったです(*^_^*)

ただ、土日祝となると、もっと混むと思います。

また園内も、普段より人出は多いな・・という印象が・・・


けれども混み合っていて動きにくい・・とか、
人が多くて、お気に入りの風景が撮りにくい・・いったことは全くなく、快適&スムーズにまわることはできました。

Sponsored Link

みずの森のハスや睡蓮の見どころ1 エントランス

みずの森のエントランスのスイレン水槽が見ごろでした!

いつもと同様・・まずはエントランスを入ると、お庭の真ん中に噴水が見え、フラワーバスケットが飾られています。


そちらも勿論素敵なのですが・・・

今の時期は、スイレン水槽に人気が集まっていました。


噴水の南側にあります。

いろんな種類の・・色とりどりのスイレンがキレイに咲いていて、華やかですね、見応えがあります・・!

また、ハスもいっぱい植えられていました♪

噴水の周りにはハスの鉢が飾られており・・・


可憐なお花が咲いているものもあり、葉っぱの色もキレイで、見応えがあります(*^_^*)

Sponsored Link

みずの森のハスや睡蓮の見どころ2 ロータス館

みずの森・・といえば、ロータス館!
ロータス館のアトリウムでは、熱帯性スイレンを年中見ることができます。

ロータス館内のエントランスは広く、毎月テーマに沿った季節の植物やディスプレイが飾られています。

エントランスの向かいに図書コーナーがあるのですが、そこには、ウーパールーパーちゃんが常駐しています。

めちゃめちゃ可愛いですね・・!


子供たちと行くと、ここからなかなか離れられません笑。

ウーパールーパーちゃんを後にして、エントランスの方を見ると・・・

ロータス館エントランスでは花菖蒲のイベント展示。はんなり上品でお洒落

 6月からイベント展示されている企画はこちら↑↑

「ハナショウブ展」として、肥後のハナショウブを滋賀県の「信楽焼き」の鉢で飾り、展示されているそうです。信楽焼きの鉢ってお洒落なものが多いのでそれも楽しみです♪

そしてこちらが花菖蒲の展示↓↓


可憐で上品、かつ凛とした姿が素敵です。

花菖蒲はレストランへ続く廊下にも飾られていました。

和風のディスプレイと光の差し具合がなんとも素敵。

アトリウムへ向かう廊下とは逆方向にあるので、あまり人通りが多くないのですが、ぜひここもゆっくり見て欲しいです。

さて・・ウーパールーパーちゃんとハナショウブを後にして、アトリウムの廊下へと進みます。

アトリウムへ続く廊下、モネの絵画のレプリカが飾られているんですよ。

アトリウムへ入る途中に映像ホールがあるんですが、現在休止中。残念です・・

アトリウムへ入ります。

アトリウム全体はこんな感じ・・・。

こちらの水槽は、目の高さに設定されている場所があり、スイレンと水面に映った「逆さスイレン」が眺められる・・・という設計になっています。

ホントにキレイで時間を忘れてずっと眺めたくなります~~♪

こちらは、世界最大のスイレン、ギガンティア↓↓


目の高さの位置で眺められるので、見応えがあります。

他にも、普段は

他にもアンスリウムや

熱帯性フルーツなど・・普段あまり見られない熱帯性植物を見られて楽しいです。

ロータス館内にレストランあり。「ハス」のメニューがおすすめ

また、ロータス館内にはレストランがあり、ランチや軽食がいただけます。


こちらでは、「ハス」を使ったメニューが話題で、食べてみるのも楽しいですよ(^_^)

筆者は「ハスうどん」をいただきました。ほんのり・・緑茶のような香りが爽やかで関西風のおうどんに合うお味で美味しかったですよ~!

詳しいメニューやハスうどんの感想などはこちらで詳しくお伝えしています↓↓

みずの森のハスや睡蓮の見どころ3 花影の池

まるで印象派の絵画のよう!とも例えられるみずの森の素敵なウォーターガーデン。

池、スイレン、パラグアイオニバス、水面に映る影・・が織りなす姿や色彩がなんとも美しいです。

ベンチもありますので、ゆっくり座ってのんびり時を過ごすのも素敵です。

癒し効果がハンパない・・・苦笑

ちなみにこの「花影の池」。橋が2つあって、西側の「白と茶色の橋」(↑↑上記写真を参照)は「西洋風」の池のイメージ、

東側の「茶色の橋」(↓↓こちらの写真)は東洋風の池のイメージだそうです。

↑↑・・・・なんとなく東洋っぽい感じが出てきたような・・・もうちょっと東側から見てみます。

↑↑ こんな感じ。確かに東洋っぽいですね。見る向きを変えてみると面白いです!

Sponsored Link

みずの森のハスや睡蓮の見どころ4 スイレン池

花影の池同様、こちらも絵画のようです。
遠くにびわ湖や東平野の風景も見え、開放感もたっぷりです。

池一面に浮かぶスイレンがとても華やかで、目を奪われます・・!

↑↑ベンチに座ってゆったり眺めることもできます。

写真映えしますよね~~素敵・・・。

みずの森のハスや睡蓮の見どころ5 ハス池

スイレン池のお隣にありますが、ロータス館から外に出て眺めるとキレイに見えます。

スイレンと見比べてみると、スイレンは鮮やかで美しく、ハスはふんわり可憐な感じ・・という印象を受けました(^_^) 見比べてみるのも楽しいですよ。

こちらも何輪も開花していて、とても見応えがあります・・・

みずの森 ハスや睡蓮以外の見どころ他には?

みずの森は初夏が見頃ですが、ハスや睡蓮以外にも見どころがあります。

みずの森その他の見どころ1 花菖蒲

 「湿性花園」では、ちょうど花菖蒲が開花している時期です。
花菖蒲は水辺を好む植物で、水の流れに沿って植栽されています。

優美で可憐な姿を見ることができます。

(水の中で栽培されているので・・もしかすると、こちらはカキツバタかもしれません・・。こちらもキレイです。)

みずの森その他の見どころ2 あじさい

 あじさいも見頃をむかえていました。
先ほどの「湿性花園」でも淡い色のあじさいを眺めることができますし、

芝生広場や休憩棟がある場所の近くに、「あじさい園」という場所があります。
少しひっそりした場所にあるのですが、

見事なあじさいが咲いていました。

びわ湖を背景にしたあじさいが・・・なんとも見事です・・!

水生植物公園みずの森、ハスや睡蓮が見頃なので行ってみた。イベントや他の開花状況も。さいごに

 以上、みずの森の「スイレン」「ハス」を中心としたレビューでした♪

みずの森は植物の種類が多く、年中楽しめるのですが、「見頃」と言われる初夏は確かにすごいですね、圧巻でした!

色とりどりのスイレンやハスたちが公園を彩るので、正直どのアングルから写真を撮っても絵になります(^_^) 写真を撮っていてすごく楽しかったです♪

もちろん、散策したりベンチに座って眺めたり、親子でお散歩・・でも満足できると思うので・・ぜひ出かけてみてくださいね♪

関連記事 「みずの森」全体の見どころや施設の概要を知りたい場合はこちらの記事もどうぞ↓

  「みずの森」がある烏丸半島の観光・遊び場・グルメなどの情報まとめ↓

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました